<   2005年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

月末課題

 月末課題である、集金としんぶん赤旗宣伝活動。
 御坊九条の会のお誘いや7月24日平和を愛するつどいのポスターを貼らしていただく活動などもあわせて取り組む。九条の会のお誘いにいくと、九条のことを知らない方が結構多い。そこから話が始まって、平和を守らなきゃね、ということになる。首相の靖国参拝の問題も結構関心は高い。どうして、あそこまで固執するのかという声が高いように思う。
 こういった問題でも真実を知ってもらうためには、本当に「真実を書いている赤旗しんぶん」を読んでもらうことが大切だと思う。
 これから、もう少し集金にまわって、地域の支部の会議に出席する予定。
by tabatanoriko | 2005-06-30 19:05

産廃をめぐる総会対策

 今日は、産廃業者に土地を貸すかどうかは総会を開いて決めなさい、という裁判所の判決を受けて、楠井区が総会開催を決めたので、そのための対策を考えるため、産廃処分場問題連絡会の代表者会を開催。昼間は、県の情報公開制度をつかって入手した産廃計画関連の資料(厚さ10センチメートルぐらい)の資料を紐解いて勉強をした。これまで、忙しくてあまり読めていなかったからだ。そこで新しい事実を発見した。最後の資料で、県が5月19日の期限を定めて、それまでに指導事項に対して対応策を提出するよう求めていたもので、もしそれまでにできなければ、半年間は文書で申し入れれば延期できるというのだ。
 そこで、保健所に問い合わせの電話をかけて、その後、大栄環境から文書が提出されているか問い合わせたところ、何も出ていないという。ということは、これまでの事前協議書も指導事項もすべての書類が無効になるということだ。ということは、すべて白紙の状態で、本当に計画を実行したければ、改めて、1から手続きをし直さなければならない。
 もう平成9年に事前協議書が県に提出されてから8年間が経過した。その8年間がすべて白紙にもどった。これは、業者が撤退を決意した、ということではないだろうか。
 とにかく、どちらにしても、総会で土地を貸す決議ができなければ、ほぼ完全に産廃計画はストップということになる。そのために、楠井の皆さんを励ます運動が大切だ。あと一息。
by tabatanoriko | 2005-06-29 22:57

生活相談・会議・集金

 以前から受けている生活相談に2時間ほどかかる。しかし、明るい兆しが見えてきたので、嬉しい。
 午前中は、会議の準備と学習、午後会議で、終わってから生活相談に走る。合間に集金に行って、夜再び会議。
 結構、会議や打ち合わせが多すぎるような気がするが、それぞれ必要のあるものだから仕方ないかな。
by tabatanoriko | 2005-06-29 00:05

楠井区で総会開催決定

 朝、年金者組合日高支部大会に挨拶に行かさせていただいて、午後は、日高地方議員団会議。
 合間に、愛郷会の方から電話があって、楠井区で産廃処分場用地として業者に土地を貸すかどうかの有資格者の総会を開くことになったという。7月17日に開催するそうだ。裁判所がそうしなさいと言っているから開かなければならない、と言っていたそうだ。いよいよ、産廃計画が事実上どうなるか、決定されることになる。
 早速、運動に参加してくださっている代表者の皆さんに連絡。連絡会の会議も緊急に開くことにする。
by tabatanoriko | 2005-06-27 22:16

会議に学習会の1日

 朝は事務所の打ち合わせの会議。午後は学習と地域の支部会議に出席。皆さんの貴重なご意見をお聞きする。夜は、知り合いの方からすすめられて、環境問題の学習会へ。
 帰りに古本屋さんへ寄って、夜寝る前の軽い文庫本を調達してきた。
 寝む前のひと時、軽い読書で、頭を休めると結構ぐっすり眠れる。

 しかし、暑いですね。まだ、我家ではクーラーは動いていませんが、事務所は暑くて時々クーラーのお世話になっています。昔、OLだったころは、冷えすぎるクーラーに結構悩まされましたが、身体の変化か、生活環境の変化か、温暖化の影響か、クーラーがほしいと思うようになったのはなぜだろうな、と時々考えます。

 私のブログ、ですます調だったり、である調だったり、まったく統一できていませんね。国語の乱れだ、なんて、自分で言ってどうするんでしょう。
by tabatanoriko | 2005-06-26 23:24

和教組日高支部大会

 和教組日高支部大会に来賓として出席させていただいた。日高地方議員団の団長でみなべ町議の山中邦夫さんが代表して挨拶をしてくださったので、私は出席させていただくだけ。やはり、寂しいのは龍神村が田辺市と合併したため、組合も西牟婁支部になったことと、美山や中津・川辺の3町が合併して日高川町となったため、必然的に、日高の地区数が減っていること。合併の影響は色々なところに表れている。
 でも、県の委員長さんが挨拶で、「ようやく国も30人学級の必要性を認め」とおっしゃっておられたけれども、草の根の運動が実り始めたようで、嬉しい。こういう変化は大いに歓迎。

 
by tabatanoriko | 2005-06-25 19:05

配達集金日

 今日は、珍しく、配達集金以外に予定はなく、午前中は家で議会中に引っ張り出した資料の片づけをして、午後、出かける。
 配達と集金もかなり、はかどった。こんな日は気持ちがいい。
 集金中に、市職員から、県会で御坊市の検診の受診率が悪いという質問があったと聞いた。この検診の率のとり方が統一していないのに、その数値がとりあげられるのは少し不本意だ、という話は以前から聞いていた。実際に低いのは確からしいが…。何はともあれ、自身の健康を守るため、やっぱり、一年に一回は受けるほうがいいのでしょうね。そんな話をした後で、地域の集金に伺うと、「田端さんはいつも元気そうですね。どこも悪いところなんかないんでしょう。」と言って下さる方がいた。もう何年ぶりかでばったりお会いした子どもたちがお世話になった校長先生も「田端さんは元気ですね。」と。「ますます太って元気です。」と答えて大笑いになったけれども、ありがたいことです。健康に感謝しつつ、それを守らなきゃと改めて思う。
 はい、私もまた、検診もきちんと受けます。
by tabatanoriko | 2005-06-24 19:25

今月の発電量

 今月の田端発電所の発電量は447kwh。先月より発電量は多いが、関西電力に売った電力は先月が339kwhで6,841円、今月は286kwhで5,771円。少し、昼間に使った電力が増えたようだ。
 今月の電気料金は7,103円だから、差し引き、1,332円の支払いになる。太陽光パネルの設置費用はかかっているけれども、毎月の支払いは太陽光パネルのローンを合わせても、これまでのガスや灯油が必要なくなっているので、負担はこれまでと変わらないか、少し減ったかなという感じだ。

 事務所のパソコンが少し調子が悪いので、今日は、家で作業をして、まもなく、会議もあるので事務所にでかける予定だ。
by tabatanoriko | 2005-06-23 16:03

6月議会閉会

 今日で、6月議会は閉会しました。
 今日は、午前9:30から議会運営委員会(私は委員)が開かれ、今日提案される追加議案の説明が市長からあり、その後、事務局から、今日の議会の流れが説明されました。
 10時から本会議開会。本会議では、2つの委員会から委員長が審議内容を報告し、採決という運びになります。
 今回、提案された議案は、18議案と議員提出議案4議案でした。内、市が提案した18の議案の内、14議案に賛成、4議案に反対しました。反対した議案は、高齢者控除の段階的廃止などをもりこんだ御坊市税賦課徴収条例の一部改正の専決処分などの2議案と介護保険部分の値上げを盛り込んだ国保条例の改正、第3セクターに出資することなどを盛り込んでいる一般会計補正予算です。
 議員提出議案は国に提出する意見書です。「地方六団体改革案の早期実現に関する意見書」「地方の実情に合った道路整備促進を求める意見書」「地方議会制度の充実強化に関する意見書」には賛成。道路特定財源の堅持を求めた「地方の実情にあった道路整備の促進と財源確保を求める意見書」には反対しました。

 今日は、これから市議団の打ち合わせをします。

 
by tabatanoriko | 2005-06-22 13:45

中間貯蔵施設問題調査特別委員会

 委員会の名前が「中間貯蔵施設問題調査特別委員会」となっている。これだけでは、わかりにくいかも、と改めて思う。作るときにはあまり気付かなかったのだが、実はこれは、「核燃料」ということばをわざと外したのではないかとこのごろ思う。「核燃料」ということばをつけると抵抗が大きいと思ったのかな。いや、これは私の想像にすぎないのだが。
 今日はその委員会があった。今議会にも反対の請願が出され、私と楠本議員が紹介議員になった。
 委員会では、「第二火力発電所問題が解決するまでは、この問題は審議しないでおこう」という声が多数を占め、継続審査となった。でも、火力発電所の問題とは全く別問題で、あがっている請願の中身について審査するのは議会の責任ではないのだろうか。
 でも、今のところはどちらにしても、「それ行けどんどん」と進められるおそれはない。

 第二火力発電所を推進してきたみなさんは、関西電力に対して、「補償をすべきだ」と声高に言っている。怒りをあらわにしているが、その関西電力に対して、「どうぞ来てください」といっていたのは誰だったのだろう。
by tabatanoriko | 2005-06-21 20:11