<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

充実(?)の1日

 配達と集金とお葬式、そして買い物、写真展と絵画展にも。
 午前中は走りながら市役所の配達と集金。そのあとお葬式に参列。
 午後も走りながら地域の配達と集金。一軒で先週集金したと思い込んで新聞だけ、ポストに入れて自転車でさっそうと(?)行っていたらあとから集金していないことに気付く。最後にもどって集金に行くと大笑いをされてしまった。「タバタさーん」と追っかけてくれたらしいけど、逃げ足が速かったそうだ。明日お祭りだから忙しかったのかなと思ってくださったらしい。明日、明後日は家に赤ちゃんを迎える準備をしなければならないと、とにかくあわててあわてて1日を過ごした。絵画展や写真展もすごくすてきで、感動したけれども、結構、駆け足だったかも。早くbabyに会いたい一心だったのかな。
by tabatanoriko | 2005-09-30 20:10

べビィ誕生!

 長い間ご無沙汰したような気がしましたが、たった2日なんですね。でも、ブログを訪問してくださった皆さんには、申し訳なかったです。
 一昨日は午前中決算の委員会に出席。長女が出産の準備品をもう少し揃えたい、というので、買い物に。途中からなんかお腹が痛いと言いはじめ、夜8時ごろまで様子をみていたのだけれど、もう病院へ行ったほうがいいということになって、病院へ。そのまま、入院しました。まだまだと思っていたので(1日が予定日)心の準備が(?)
 陣痛がまだ弱いので、お母さんは一旦帰りますか、ということになって、夜中に帰ってきて、翌朝、また、病院へ。その後は、午後3時ごろ分娩室に入るまでずっと娘につきっきり。その後は用もなくて、少し今日の議案を開いてみたのだけれど、やっぱり落ち着かない。
 病室でうろうろ、分娩室のまえでうろうろ。
 「もう少しかかりますね」と看護士さんやお医者さん、助産婦さんたちに何度も言われながら5時間。午後8時14分、ついに、3,300グラムのべビィ誕生!かわいい!!
 大阪からべビィのパパも飛んできた。(JRの都合で電車が遅れて、JRが和歌山までのタクシー代をもってくれたらしい。だから、タクシーで。電車遅れてもあきらめずに会いに来るパパはすごい!)
 翌朝、3時ごろ、ママが落ち着いたので、もうお母さん帰ってくれていいですよと。
 で、今日、10時からの御坊日高老人福祉施設事務組合の議会定例会に出席後、お昼も食べずに、お布団にもぐりこみ、今昼食をすませたところ。また、家事をすませて、病院にいきます。
by tabatanoriko | 2005-09-29 14:58

冷凍庫が寿命

 総選挙の真っ最中に調子が悪くなった我家の冷凍庫。何とか持ちこたえてもらっていたけれども、又冷蔵庫並みの冷えになってきた。もう10数年、よく働いてくれているのだけれども。
 もう、早く中の食品を使いきらなくてはと、一生懸命、作る、食べる。
 佃煮やいただいていた大豆の煮物が食卓に。タコやイカのからあげも、アジやさばも食卓に。イワシのつみれはつみれ汁。でも、まだ、空にはできなくて、もう少し耐えてね、と冷凍庫に話しかける。

 家事の合間に勉強か、勉強の合間に家事か、判断しがたい一日。夜は、会議があってでかける。お腹がいっぱいだ。(?)
by tabatanoriko | 2005-09-26 23:51

本田立太郎氏講演

 二年ほど前に、南部川村(現在みなべ町)にお住まいの本田立太郎さんの戦争出前話をお聞きしたことがあって、大変感動したことを覚えている。今年、7月の御坊の九条の会の結成の時にもぜひ、と講演をお願いしたのだが、ちょうど、国連へ行かなければならない時期と重なる、ということで実現しなかった。それが、今日、「平和を愛する美浜のつどい」でお話されることを聞いて、でかけてきた。
 オープニングは天音太鼓のおなかに響き渡る勇壮な演奏で幕をあけ、合唱団ソーレMioさんの美しい歌声が続いた。
 91歳だという本田立太郎さんの「私の憲法九条」と題する講演はやはり、本当にすばらしかった。ご自身の戦争体験を語りながら、こんな体験をかわいい孫たちにさせたくないと、出前でお話をし始めたこと、満州事変の時、「勝った、勝った」、と毎日報道されながら、勝ったら終わるはずなのに、終わらなかったことや川にお米を研ぎに行ったら中国兵が川に血を流して亡くなっていて、とてもお米が研げなかったこと、上官に命令されて捕虜を殺さなければならなかったことなど、戦争でも罪は罪だと考えておられること、でも上官の命令は絶対だったこと、などなど、本当にすべてをご紹介はできないけれども、「戦争とは別れと死以外の何物でもない」ということばが印象的でした。
 最後に、「今あの時と同じ道を歩かされているのではないか」とおっしゃられながら、でも「決して絶望しなくていい、国民の過半数がなければ憲法をかえられないのだから」と日常的に憲法を守ろうと声を掛け合うことをよびかけられました。
 お話の感動をそのままお伝えするのはとても無理ですが、機会があったらぜひ、本田さんのお話聞いてくださいね。
b0064839_17491345.jpg

by tabatanoriko | 2005-09-25 17:49

学習と配達

 午前中は、決算委員会に向けての勉強を始める。午後は配達と集金にでかけ、また、決算の書類を広げている。決算の委員会は来週、火曜日に開かれるが、それまでに、かなり、調査をすすませておかなければ、あっという間に審議が終わってしまう。
 決算は終わってしまったことだから、言うても仕方ない、という方が多いのだが、私はそうではないと思う。市民のために予算が使われたのか、無駄はなかったのか、今後改善すべき点がないか、など、様々な視点で審議をしておかなければならないはずだ。
 不十分でも、しっかり、前もって勉強をしておこうと思う。
by tabatanoriko | 2005-09-24 19:26

最近の電気使用量と発電量

 8月の田端発電所の発電量は8月が395kWh、9月は368kWh。8月分の電気使用料はデイタイム(午前10時から午後5時まで)が20kWh、ナイトタイム(午後11時から翌午前7時)が532、リビングタイム(残りの時間)が192で合計744kWh。使用料金が8417円。9月はデイタイム36、ナイト542、リビングが250で合計828kWh。使用料金が10018円。
 やはり、家族が増えると電気もその分増えるし、多少はクーラーの使用もあるのだろう。8月の売電の料金は3773円と9月が3632円。昼間使う電気は少なくてほとんど我家の発電でまかなえているのがよくわかる。
 こんな風に見ると、本当に電気の使用を抑えるのがおもしろくなってくる。一人、あちこちの使っていない電気やスイッチを切って待機電力も抑えようと思う。
by tabatanoriko | 2005-09-23 22:59

議会最終日

 今日は、9月議会最終日。9時半から議会運営委員会が開かれ、追加議案(人事案件)の説明があり、10時から本会議。本会議では、2つの常任委員会から議案の審議内容についての委員長報告が行なわれた。「障害者自立支援法案の慎重な検討を求める意見書の提出を求める請願書」については、委員長から不採択という報告がされ、それに対して、楠本議員が採択を求める立場で討論を行なってくれたが、結果は不採択に反対が3名のみで、請願は不採択と決定された。なんで、こんな請願が不採択にされなければならないのか、理解に苦しむ。
 提案された議案は、請願を除いて合計16件。今回反対したのは、一般会計補正予算と介護保険特別会計(法改正で入居や食費などの費用が10月から利用者の全額負担になる予算が盛り込まれている)、水道会計(一般会計と同じ理由になるが、関西電力の第二火力発電所誘致に伴う工業用水取得のための予算を縮小できないか求めたが、明快な回答が得られなかったため)の3件。2件は決算の議案で、これは決算委員会に付託されるため今議会では採決されませんでした。
 
 さて、夜は、議員と部課長の皆さんから、議員になって10年の表彰を受けた私を含めて4人の議員と30年表彰を受けた1人をお祝いする会を開いていただいた。なんだか面映い感じだが、素直にお祝いをしていただいたことを喜ぼう。ありがとうございました。
by tabatanoriko | 2005-09-22 23:59

市町村合併特別委員会

 市町村合併特別委員会が開催された。 委員会では、「和歌山県市町村合併推進審議会」の説明が企画課長から説明されましたが、それによると、総務省から県に「自主的な市町村の合併の推進に関する構想を作りなさい」という通知がきていて、それについて「各市町村の自主性を尊重しながら、積極的な合併推進のため勧告を検討」したり、「組み合わせは1通りで、すでに合併済みの市町も対象とする」ことなどを基本に平成17年度中には策定をするということです。
 私は、「先に合併している市町村のその後の状況を見ること、県の構想がどんなものであるかきちんと説明してもらうこと」の2点を提案しました。
 他の委員からは「この委員会で構想を持つべきだ」「印南と話し合いを」などの意見や「(県の審議会に御坊の市長がのっていない)御坊は番外だ。なぜこんなにあほにされんなんのか。差別だ。」などきつい意見も出されていました。
 私は、財政でがんじがらめにされて、無理やり合併せざるをえないように追い込むような今の国のやり方には反対ですが、かといって、合併できないからといって、他に責任を転嫁するのもおかしいとも思っています。合併をするしないを決めるのは、そこに住む住民で、住民から要望があった上で、どこと合併するかは、双方(町同士)の合意があって初めて進むものだと思います。
 最近の傾向として、住民の意向におかまいなしに物事が進むことが多いような気がします。できるだけ、そうならないように、私も力を注ぎたいと改めて思います。

 さて、今日は午後は会議のレジュメや資料作り、おまけに、クルマのタイヤまでパンクして、今、修理をしてもらったところ。夜は会議です。
by tabatanoriko | 2005-09-21 17:14

(核燃)中間貯蔵特別委員会

 (核燃)中間貯蔵特別委員会が開かれました。昨日、議員団で、第二火力発電所がストップしたことで「核燃を誘致しないで」という請願の審査が何の審議をされないままではおかしい、核燃料中間貯蔵施設の問題は別の問題だから、採決を求めようと意思統一をし、提案しましたが、今回もやはり継続審査です。もうこの問題では9件の請願があがっています。どの地域でも7割、8割の方が署名をされています。市民のみなさんの願いは、誘致をしないで、ということです。採択をするのは当然だと思うのですが。

 さて、昨日は敬老の日、市では「御坊市健康福祉まつり」が開かれました。 第一部は都合で参加できませんでしたが、第二部の劇「御坊版あがらのシンデレラ」を見せていただきました。文化会館が笑いの渦になりました。シンデレラの物語とは結末(ガラスのくつの合う人がたくさんいたり、シンデレラがたくましかったり)と違いましたが、本当に楽しい劇でした。途中で御坊のまつり伝統的なけほん踊りやマツケンサンバのリズミカルな踊りなどなども披露され、本当に楽しいひと時でした。
 準備をされたスタッフのみなさん、ボランティアのみなさん、また、出演されたみなさん、本当にお疲れ様。そしてありがとうございました。
by tabatanoriko | 2005-09-20 19:32

お休み日

 お休みの一日。夕方から、選挙のお疲れさん会に参加させていただく。手作りのおでんや唐揚げ、などなど。おいしくいただき、思わぬ話も飛び出したり、私が街頭演説をしたのを見て、面白おかしく再現してくれたり、本当に笑い転げた楽しいひと時を過ごしました。
 本当に、お疲れ様でした。
by tabatanoriko | 2005-09-18 23:25